ガートナー:コロナ対応

ガートナー:コロナ対応

レポートにすぐアクセスする

ガートナー:コロナ対応

インフラストラクチャー・オペレーションズ(I&O)リーダーのためのコスト削減策

ガートナー社が昨年発表したレポート「COVID-19 Response: Top 7 Cost Reduction Actions for I&O Leaders’ 」において、アナリストはすでに、世界的パンデミックとなる事態においてビジネスを続けられるように、長期的コスト最適化と比較した短期的なコスト削減戦略のメリットの評価を開始していました。

生命と生活への脅威が現実化する中、ウイルスの影響を免れた企業はほとんど存在しません。2021年もロックダウンの影響は残り、企業はITを含むあらゆる部署の予算削減を実施することで、費用対効果の高い事業運営方法を模索しています。

本レポートにおいて、ガートナー社は資産管理に焦点を当て、インフラストラクチャー・オペレーションズ(I&O)リーダーに全社的なコスト削減を特定、実行することを奨励しています。レポートで述べている7つのコスト削減戦略のうちの一つは、「Minimize Asset-Related Investments」です。ガートナーが提案する施策の中には、「Use third-party maintenance to extend the life of assets」や「Defer upgrades」があります。

経験豊富な第三者保守サービスプロバイダーとして、Evernexは、高額なOEM契約に取って代わる妥当な代替策を提供しています。当社は、メーカー保証やサービス契約終了後も、貴社のIT資産をサポートし、その耐用年数を引き延ばすことができます。

Evernexのような第三者保守サービスプロバイダーを使ってスマートビジネスリーダーの仲間入りをしましょう。既存のITインフラを活用して、レガシーシステムの寿命を引き延ばしながら、地球への負荷も減らすことができます。

いますぐレポート全文にアクセスし、長期的な組織の強靭性を危険にさらすことなく、またデジタルトランスフォーメーションを遅らせることなく、短期的なコスト削減を実行してIT支出を減らす方法を見つけましょう。